皆さんは自宅の窓ガラスの清掃は、頻繁にするほうですか。窓ガラスは汚れなどもなく、きれいにピカピカであるほうが気持ちのいいものです。

用意するものは、新聞紙と雑巾だけです。

洗剤はいりません。



手荒れを気にされる方は、ゴム手袋も用意されると良いでしょう。

清掃する方法は、雑巾でガラスを濡らしておいて乾いた新聞紙で磨くというやり方です。



洗剤がいらないのは、新聞紙にインクの油がついているので、その力でピカピカになります。
新聞紙には、吸着力もあるので、二度拭きの必要もありません。

まずは、濡れ雑巾で窓を拭いていきましょう。
汚れのひどいときは、まずザッと全体をきれいに清掃して、適度に絞った雑巾でもう一度窓を拭いていきます。

次に、窓の水気を乾いた新聞紙を半分に切ったものをクシャクシャと丸めて磨いていきます。新聞紙は、きれいにたたむよりもクシャクシャと丸めたほうが上手く磨けます。

これで簡単にピカピカになります。
新聞紙はビチョビチョにならないので後始末も簡単です。



ガラスは濡れすぎてても乾きすぎてても上手く清掃できないものです。

ポイントとしては、適度に濡れてる状態に天気によって絞り具合を変えてください。



たとえば、雨の日は少し固めに雑巾を絞る、晴れの日は少し雑巾を緩めて絞るようにしてください。


ついでにサッシレールの清掃方法も紹介します。窓がキレイになったら、ついでにサッシレールも清掃してさっぱりしましょう。
まずは、大まかなサッシレールの汚れをブラシや割りばしでこすって剥がしましょう。



水などで濡らしてしまわないようにしましょう。
扱いが面倒になります。

それから、剥がした汚れは掃除機で吸い取ってしまいます。
それでもまだ残っている汚れは、硬く絞った雑巾を割り箸などの細いものに巻きつけ、サッシレールへ押し込むように拭きあげていってください。

これできれいになるはずです。


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9D%82%E6%9C%AC%E4%B8%80%E7%94%9F
https://www.facebook.com/pages/%E5%AE%B6%E6%94%BF%E5%A9%A6%E3%81%AE%E3%83%9F%E3%82%BF/223255331070767
http://www.env.go.jp/recycle/kaden/qa/q05.html