歯医者はマイクロスコープで虫歯の再発を防いでいる

1900年代の歯科医療は歯医者の勘によって行われていた事も多く、目視で確認しにくい奥歯の狭い隙間の汚れなども、中々発見できないという事もよくありました。しかし近年はマイクロスコープを導入している歯科医が増えており、小さな虫歯や歯茎の異変なども見逃さずに治療が行えるようになっています。

20倍や40倍以上のズーム率で歯茎の隙間を調べると、歯の根元部分に虫歯の初期段階が隠れていた事が分かったりと、マイクロスコープが活躍するシーンは数え切れません。

メガネ型やヘッドギア型のルーペを活用している歯医者が多く、患部をしっかりとチェックしながらも、機動性を確保しているために治療もスムーズに行われます。

まったく新しい東京のマイクロスコープ情報をご紹介いたします。

マイクロスコープのおかげで、虫歯が再発する確率も大幅に下げられるようになっており、菌によって汚染された部位を綺麗に洗浄する事も可能です。


歯を洗浄した後には最後の仕上げとして、マイクロスコープの拡大率を最大まで上げてチェックを繰り返すなど、完璧な対処を行ってもらえます。

虫歯の治療だけでなく、歯や歯茎のメンテナンスにもマイクロスコープは活用されており、歯垢の除去をスムーズに行う際に役立ちます。

livedoorニュースのホームページをチェックしましょう。

歯茎の根元などは小さな歯垢が残りやすく、その歯垢が虫歯菌や歯周病菌の餌になってしまう事も珍しくありません。メンテナンスを完璧に行えるようになるだけで、病気の再発を防ぎやすくなるからこそ、装備がきちんと整った歯医者を活用するようにしましょう。